【JOY!日記】月曜:べっち その2

JOY!のべっちです。

そもそも、前回、「ビジネス本のノウハウを、遊びゴコロに応用する」というタイトルにします、と言いながら

いただいたお題が、「楽しく活用!日常で使えるビジネススキル」だという事を、うっかり忘れていました。

っつーことで、今回から始まりました、記念すべき、第1弾。

今回は、私が先週、講演を聞いた、小笹芳央氏(株式会社リンクアンドモチベーション代表)の本を紹介しながら、日常でどう使えるかカガクします。

小笹芳央  『「持ってる人」が持っている共通点――あの人はなぜ奇跡を何度も起こせるのか』 幻冬舎新書、2011年。

有名スポーツ選手の言葉などを引用しながら、いわゆる「持ってる人」が普段心がけていること、姿勢等を分析したうえで、読後の行動にどうつなげるかまで記載されている、電車の中でちょうど読めるサイズで、内容も読みやすい本です。

真面目な書評は、コチラをご参考下さい。http://www.excite.co.jp/News/column_g/20110606/Sinkan_index_1991.html

せっかくJOY!なので、真面目に書評をするコーナーではなく、

どう普段の日常・遊びに活用するのかの視点で書くコーナーなので、その視点で。

私が苦手で、次に会うことをためらう人の中に、こんな思考型の人がいます。

「何でも他のせいにする人 = 自分の反省をしない人」

具体的に言うと、

・遅刻をした→電車が遅れたのがいけない

・これまで理想の良い人に出会ったことがない→出会う機会がなかったから

・何かで負けた→○○がエラーをしたから・・・   等

上記の事を話すと、じゃぁ、逆の事を考えればいいんですね、と早とちりしてこんな人もいます。

「自分がどうしようも出来なかったことに関してまで、自分のせいにする人」

これって、反省しているでしょうけど、前に進んでない。

そうじゃなくて、大事な事って、

「その時自分がどうするべきだったのか、次の行動にどうやって活かすのか、を考えること」

書籍でも、 他人、感情、過去 に左右されないで 自分、思考・行動、現在・未来

を考える事が結果的に「持ってる人」につながる。

そう思うと、日記って大事ですよね。

自分の事って、頭の中で考えていても、客観的にはなりにくいので

書き出してみることで、整理されるし見直すことができますよね。

あれ、この日記。真面目だな。。

遊びゴコロ 要素が薄まってきたので、ここから本領発揮。

Party で、入った瞬間に、「自分が期待していなかった結果になりそう」と予感する時ってありませんか?

・自分が期待するカワイイ(カッコいい)人がいなかった。

・どうも会場の空気が苦手な雰囲気だ。

・クラブみたいな雰囲気って今までなかった~。   などなど。

そこで、下記のどちらの行動をするかによって、終わった時に結果って変わると思います。

1.つまらなそうな顔をして、早く終わらないか、と祈る。

2.こんな世界も有るんだなぁ、と思ってその場の雰囲気を楽しむ。

どんな行動をするかによって、結果って変わると思います。

たかがParty、されどParty。 その行動一つとっても、普段の行動につながると思います。

苦手ってことは、普段自分が見たことない世界に、今身を置いているわけで、新しい発見が有るかもしれない!

と発想を変えると、こんなこと、あるかもしれませんよ。もちろん絶対ではないですけど。

・強烈な共通点が有る人と出会って、将来につながる知り合いになった

・共通の知り合いに有って、世界は狭いよねぇ、と言いつつ、その後、別の会で運命の人と出会う(飛躍しすぎか)

せっかく、自分の人生、何が起きるか分からないじゃないっすか。

そう考えると、夏に海で良い思い出がなかったとしても、

7月に海に行ってみたら、新しい・面白い事が有るかもしれないじゃないですか。

っっっということで、7月16日はJOY! イチオシの海の家貸し切りParty ですよ。(ちょっと無理あるか?

http://www.playjoy21.com/joyyokoku/beachparty/

夏と言えば、海!最近夏を満喫していないなぁ、と思っている方も是非是非。


関連する投稿はありません


Comments Closed