リアル脱出ゲームに参加してきました。

JOY!ワタベマンです。

巷でジワジワと話題になり、現在公演中の「夜の遊園地からの脱出」では、1万人以上がチケットを買って完売となったモンスターイベント【リアル脱出ゲーム】に参加してきました。

リアル脱出ゲーム「夜の遊園地からの脱出」

正直、感動しました!!

今回1000人以上の参加者がいたにも関わらず、解けたのはたったの11名。

ゲーム開始前の異様な盛り上がり。ワクワク…

でも、参加者の中で文句を言う声はほとんど聞こえなかった!

特に最後の仕掛けは、思わず鳥肌が立ってしまうほど鮮やか。

ネタバレにならないよう、注意しながら感想を書きます。
何が凄いと感じたか、箇条書きにしてみると…

【1】よみうりランドを貸しきってイベントしちゃう実行力
→「大人の夏祭り」は実は、よみうりランドにも貸切の連絡を入れたんですけども、人数規模や金額の面で一蹴されました(笑)

【2】1回のイベントで1000人ほど参加しているにも関わらず、ほぼ問題なく進行が進む進行管理。しかもスタッフも最小限の人数(裏方は分からないが、表立ってスタッフやってたのは十数名)。

【3】謎の数
→とにかくたくさんの謎、謎を解くと、そこから更に広がる新しい謎。解いても解いても次の謎が出題されるから、飽きない。

【4】謎の難易度
→簡単な謎から、難しい謎まで。人がイベントに没頭していく仕組みが理解出来てるんだろう。簡単な謎をサクサク解いていく楽しさ、ちょっと難しい謎が解けてしまった時の高揚感。他の参加者を出し抜いて、凄い謎が解けた時の感動。感情が休まる時が無いほど白熱出来る。

【5】謎に隠された緻密な仕掛け
→最初から簡単に解ける謎から、他の謎を解かないと解けない謎。最初に渡された資料の意味。解けたと思った謎に隠された、思いがけないどんでん返し。複雑に見えて、実は一本の流れで繋がっている緻密さ。

【6】適切な制限時間
→90分という制限時間は、ギリギリ足りないのかもしれない。でも、「あとちょっとで解けたのにー」という気持ちにさせる適切な時間配分だとも思う。

イベンターとして、素直に凄いと思った。

ディズニーランドのように並ばされて待たされる事もない。
誰かが主役ではなく、みんなが主役になれる。
あっという間に過ぎる時間。
そして感動。

本物のイベントの真髄を見ることが出来た。
JOY!でも、「リアル脱出ゲーム」のようにたくさんの人を感動させられるイベントをやってやる!

改めて、そう決心させてくれたイベントでした(⌒▽⌒)

▼リアル脱出ゲームとは▼
http://realdgame.jp/feature/index.php/about

▼今回参加したリアル脱出ゲーム▼
http://realdgame.jp/v/event/index.php/001_4

▼リアル脱出ゲーム仕掛け人▼
http://lilyann.jp/triview/2009/07/vol1-scrap34.html
→やっぱ元リクルートの人はすげー

★9月のイベントはコチラ!★

・JOY!仮面舞踏会〜内面で対話する究極のPARTY〜 in 渋谷

ご参加はお気軽に「お問い合わせ」からお願いします。


関連する投稿:

  1. JOY!無人島SEASIDE BBQ in 横須賀 猿島 7月24日(土)


facebookでコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spam Protection by WP-SpamFree